HPE Vertica Analytics Platformの概要

HPE Vertica Analytics Platformは、膨大なデータを他のソリューションよりも迅速かつ確実に管理し、お客様のより良い意思決定にリアルタイムで貢献します。HPE Vertica Enterprise Edition softwareは、従来のリレーショナルデータベースに比べ、より少ないコストで、クエリを50〜1,000倍高速化可能です。分析対象のデータ量に課金されるライセンス体系で、1Tbyte単位での販売になります。煩雑なデータベースの管理、際限ないチューニング作業からお客様を解放し、データと向き合う時間を増やし、収益性の高い分析を可能にします。

HPE Vertica Analytics Platformを使えば、データと対話しながらBig Dataを収益化するのに必要な答えを見つけることができます。

 
Verticaワークショップ開催のご案内
 
HPE Vertica Community Edition 日本語ガイド 無料ダウンロードフォーム
※ご記入の個人情報は安全に管理し、日本ヒューレット・パッカードで利用する場合には、日本ヒューレット・パッカードからのご案内(イベント、セミナー、キャンペーン、製品・サービス情報の紹介)と顧客満足度調査の目的でのみ利用します。また、いかなる第三者にも個人情報を提供することはございません。 日本ヒューレット・パッカードの個人情報の取り扱いについては「個人情報保護方針について」をご確認下さい。
注:Verticaコミュニティエディションは評価目的としてのご利用を想定されております。商用でのご利用は認められておりませんのでご了承ください。
 

主な特長と利点

列型(カラム型)データベース

検索時に必要な列のみを読み込むため、従来のリレーショナルデータベースのように大量ディスクI/Oを必要とせず、検索を50〜1,000倍高速化できます。

スケールアウト型 MPPアーキテクチャ

MPP(Massively Parallel Processing)アーキテクチャにより、業界標準のx86サーバをクラスターに追加するだけで、容易にスケールアウトを実現できます。

自動データベースデザイン

対話形式型のツール( Database Designer)を利用することで、検索に最適なデータ配置を短時間で自動的に行います。Index管理による複雑なクエリチューニングは不要です。

データ圧縮(最大90%圧縮)

データの属性に応じた最適な圧縮アルゴリズムでストレージ容量を最大90%削減できます。
データ圧縮によって検索時のディスクI/O量が減り、高速な検索処理を実現することができます。

Hadoop連携

Hadoop上に蓄積された、膨大な構造化・非構造化および半構造化データを、Verticaへ高速にロード、Hiveで作成したスキーマの参照、直接検索など様々な連携が可能です。

SQL/ODBC/JDBC準拠 R言語に対応

ANSI SQL-99準拠、JDBC/ODBC/ADO.netドライバ対応。標準的なBIツール/ETLツールをそのままご利用頂けます。更に、R言語で書かれた高度な統計アルゴリズムを高速に実行することが可能です。