ART demo-1

 

この操作マニュアルでは、xxの操作方法について説明いたします。

1. 次の手順指示書に従います。

HP ARTは、IT教育、ドキュメント、パフォーマンスサポートコンテンツを作成するための包括的な開発プラットフォームです。

Windowsベースのアプリケーションに対応しており、アプリケーションの操作手順を記録するだけで、一度にドキュメントとシミュレーションを同時に作成することができます。

作成したファイルを編集した後、WordやHTMLファイルなど、様々な目的に応じたファイル形式へ生成し、集合教育やセルフスタディ、情報共有などで迅速に配布展開することができます。

HP ARTでファイルを作成し、各形式へ生成する方法をデモンストレーションにてご説明いたします。

‪デスクトップ‬
‪デスクトップ‬
2.

‪‪HP ART を起動するため、ショートカット をダブルクリックします。

xxxx
xxxx
3. 新規メニュー をクリックします。
4. ファイル名 をクリックします。
5. 必要に応じて以下のフィールドを入力/レビューします。
フィールド 説明
ファイル名
 
例:
sample
6. 新しくドキュメントとシミュレーションを作成する場合は、タイプ項目で新規記録 をクリックします。
7.

作成言語を選択するため、言語項目をクリックします。ここに表示する言語はテンプレートであらかじめ設定することができます。日本語で作成するため、日本語 をクリックします。

HP ARTは31ヶ国語に対応しています。

8. をクリックします。
‪デスクトップ‬
‪デスクトップ‬
9.

HP ARTは、Windowsベースのアプリケーションに対応しています。

このデモンストレーションでは、Internet Explorerを使用し、操作がどのように記録されるかをご覧いただきます。

HPのサイトへアクセスするため、Internet Explorer‬‬ ボタン をクリックします。

HP ARTは、Windowsベースのアプリケーションに対応しています。

このデモンストレーションでは、Internet Explorerを使用し、操作がどのように記録されるかをご覧いただきます。

 

xxxx
xxxx
10. 記録開始ボタン をクリックします。
‪管理ソフトウェア - HP OpenView 技術サポート - Windows Internet Explorer‬
‪管理ソフトウェア - HP OpenView 技術サポート - Windows Internet Explorer‬
11. 必要に応じて以下のフィールドを入力/レビューします。
フィールド 説明
アドレスと Google を使用した検索
 
例:
http://support.openview.hp.com/

操作が記録される様子を、ステップごとに確認できます。

‪管理ソフトウェア - HP OpenView 技術サポート - Windows Internet Explorer‬
‪管理ソフトウェア - HP OpenView 技術サポート - Windows Internet Explorer‬
12. ‪‪製品のダウンロードサイトへアクセスするため、 ダウンロード‬‬ タブ をクリックします。
‪ソフトウェアサポートダウンロード - Windows Internet Explorer‬
‪ソフトウェアサポートダウンロード - Windows Internet Explorer‬
13. ‪‪製品マニュアル‬‬ リンクラベル をクリックします。
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
14. ‪‪ART Author Developer Kit‬‬ をクリックします。
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
15. 製品バージョンは、5.1‪‬‬ をクリックします。
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
16. ‪‪オペレーティングシステムはWindows‬‬ をクリックします。
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
17. ‪‪検索ボタン をクリックします。
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
‪HP Software 製品マニュアル - Windows Internet Explorer‬
18. 技術情報の資料を を選択します。
‪HP ART 5.10 Technical Specifications - Windows Internet Explorer‬
‪HP ART 5.10 Technical Specifications - Windows Internet Explorer‬
19. ‪‪HP ART 5.10 Technical Specifications‬‬ リンク ラベル をクリックします。
‪http://support.openview.hp.com/selfsolve/document/KM00488256/binary/ART_DevKit_5.10_Technical_S - Windows Internet Explorer‬
‪http://support.openview.hp.com/selfsolve/document/KM00488256/binary/ART_DevKit_5.10_Technical_S - Windows Internet Explorer‬
20. 資料が表示されますので、コピーを保存‬‬ ボタン をクリックし保存します。
‪コピーを保存‬
‪コピーを保存‬
21. ‪‪ファイル名称を入力し、保存‬‬ ボタン をクリックします。
xxxx
xxxx
22. 記録終了ボタン をクリックします。
xxxx
xxxx
23.

ドキュメントとシミュレーションを、ビューを切り替えて見ることができます。

文書タブ をクリックします。

記録した内容をもとにソースファイルが生成されます。

ここで表示されているのは、シミュレーションビューです。 

24.

文書とシミュレーションを、ビューを切り替えて見ることができます。文書タブ をクリックします。

文書ビューが表示され、操作マニュアルを確認することができます。 

文書
文書
25. 注記 をクリックします。
文書
文書
26. 注記が挿入されますので、情報を入力します。
xxxx
xxxx
27.

文書で変更した内容が、シミュレーションにも自動的に反映されます。

文書で変更した内容が、シミュレーションにも自動的に反映されます。

xxxx
xxxx
28. 発行 をクリックします。
xxxx
xxxx
29. 発行ボタン をクリックします。

生成する対象のファイル形式を選択します。

xxxx
xxxx
30. Microsoft Word をクリックします。
xxxx
xxxx
31.

Word形式の操作マニュアルが表示されます。

ヘッダーやフッターは、HP ARTのテンプレートであらかじめ設定することができます。ファイルを複数の作成者で作成する場合、同じテンプレートを使用し統一化を図ることができます。

Word形式の操作マニュアルが表示されます。

ヘッダーやフッターは、HP ARTのテンプレートであらかじめ設定することができます。ファイルを複数の作成者で作成する場合、同じテンプレートを使用し統一化を図ることができます。

xxxx
xxxx
32. デモを起動する をクリックします。

次に、シミュレーションを表示してみましょう。

シミュレーションはHTML形式で生成されており、4つのモードで実行することができます。

xxxx
xxxx
33.

シミュレーションが自動的に動画として流れ、操作手順を見ることができます。

他3つのモードは、

1 ユーザーがヒントの吹き出しを見ながら自分で操作しながら進める方法

2 ヒント無しに操作を進める方法

3 ヒント無しに操作を進め結果を送信する方法 があります。

シミュレーションが自動的に動画として流れ、操作手順を見ることができます。

他3つのモードは、

1 ユーザーがヒントの吹き出しを見ながら自分で操作しながら進める方法

2 ヒント無しに操作を進める方法

3 ヒント無しに操作を進め結果を送信する方法 があります。 

xxxx
xxxx
34.

HP ARTは他にもeラーニングコースやWebサイトなどを作成する機能があります。

作成したドキュメントとシミュレーションは、eラーニングコースと共に、Webサイトへ簡単に掲載することができ、トレーニング教材の作成効率化だけでなく、情報の一元管理、周知徹底を促進するプラットフォームとして幅広くご活用いただけます。

HP ARTは他にもeラーニングコースやWebサイトなどを作成する機能があります。

作成したドキュメントとシミュレーションは、eラーニングコースと共に、Webサイトへ簡単に掲載することができ、トレーニング教材の作成効率化だけでなく、情報の一元管理、周知徹底を促進するプラットフォームとして幅広くご活用いただけます。