Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品とサービス  >  ソフトウェアとOS  >  HP Software  

NonStopサーバ上での快適なバッチ処理の実現

HP JobCenter softwareでバッチ処理設定を快適に

HP Software

製品A-Z

サポート

導入事例

イベント・セミナー情報

ニュースリリース

オンラインサポート

認定パートナー

技術者認定

トレーニング

ダウンロード・センター

お問い合わせ

日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
ITの今が分かるメールマガジン Discover Performance 日本語版
コンテンツに進む
 
HP JobCenter softwareを使えば、HP NonStopサーバ上の業務アプリケーションのバッチ処理の設定が快適になります。
 

関連製品

HP JobCenter software
HP Integrity NonStop サーバ

HP NonStopサーバとジョブ管理

業界屈指のフォールトトレラントサーバであるHP NonStopサーバは、通信、製造、流通、金融サービスなど、日本のみならず、世界中のクリティカルなビジネスサービスを支えています。HP NonStopサーバでは、ハードウェアすべてが冗長化され、OSおよびMiddlewareが論理プロセス・ペア構成で耐障害性を高めることにより、高度なフォールトトレランスを実現しています。また、HP NonStopサーバでは、システム稼働中にCPUやディスクなどの追加を行うことはもちろん、データベースの再編成などもシステムを停止せずに実行できるなど、高い可用性と信頼性を実現しております。
つまり、HP NonStopサーバは24時間稼動しつづけるだけでなく、耐障害性に強く、高い可用性と幅広い拡張性を持つため、信頼性の高いインフラストラクチャを構築することができるのです。
では、HP NonStopサーバの運用はどうでしょうか?

1) 業務スケジュールに応じた基幹業務アプリケーションを稼動したい。

基幹業務アプリケーションを稼動する場合、日次業務、週次業務、月次業務、年次業務などさまざまな定型業務運用があります。さらには、お客様の業務スケジュールに応じて、月初だけであったり、月末のみに必要といった、特殊な処理を走らせなければならない場合もあるでしょう。それらの多くはバッチ処理です。
曜日や時間を指定しての個別のバッチ処理を行うには、高度なビジネススケジュール機能が必要となります。さらに、事業所や部門や各基幹業務アプリケーションごとに独自の稼働日カレンダーで、柔軟なスケジューリングに基づいた処理ができれば、より理想的といえるのではないでしょうか?

2) 大規模インフラでのバッチ処理を一元管理したい。

オフィスが複数あったり、サーバが複数ある場合の、データのバックアップや、各サーバのログ収集などの処理を考えてみましょう。IT運用管理者にとって、どのサーバでどのような処理がスケジュールされているのかをすべて把握するのはとても難しいです。このような大規模インフラのバッチ処理を滞りなく実行させることは、事業継続にとって、必須の条件であるでしょう。

このように、HP NonStopサーバ上での基幹業務アプリケーションを安定して稼動させるための一つのかぎとなるのが、バッチ処理の効率的な運用にあるのです。こうした、HP NonStopサーバをご利用いただいているお客様のニーズに応えるのが、HP JobCenter software(以下、JobCenter)です。

HP JobCenter softwareの特長

JobCenterは、多数のサーバを用いた定型処理のバッチジョブ実行を自動化して行うための管理ソフトウェアです。


イメージ図

1) 柔軟なカレンダー&スケジュール機能

JobCenterでは、定型処理のバッチジョブの実行順序(「ジョブネット」と呼びます。)を、「毎日」「毎週○曜日」「月末」といった業務スケジュール情報に従って定義して、ジョブネットの実行を各サーバに指示します。ジョブネット実行時にはジョブの実行状況をGUI画面上に表示してオペレータに対応を促します。

多数のバッチ処理を月次や年度末などさまざまなスケジュールによって制御することにより、各サーバのCPUローディングを最適化しながら省力化、自動化を実現できます。指定回数の繰り返しやオペレータ入力待ち、カレンダー条件による分岐もサポートしており、業務現場の多様なニーズに適応できます。

2) 分かりやすい画面操作

JobCenterの分かりやすいGUIは、操作が簡単であるだけでなく、設定の保守しやすさを保証します。あるお客様では、NonStop専用ジョブ管理ツールを利用しておりましたが、GUIの設定しやすさに着目して、JobCenterへの切り替えを決断いただきました。

HP NonStopサーバ顧客事例

現在、HP NonStopサーバでのHP JobCenter softwareをご活用いただいているユーザー企業様は年々増加しております。

顧客事例については、近日公開予定です。

導入の効果とまとめ

JobCenter を導入することにより、HP NonStopサーバをご利用のお客様は次のような効果を実感していただけます。

  • 基幹業務アプリケーションの高い稼動効率による、事業継続の支援
  • 業務カレンダーに柔軟に対応するスケジュール
  • 大規模インフラにおける効率的な運用。管理者、オペレータの操作負荷軽減

この他、運用監視において、JobCenterとHP Operations Manager softwareとのインテグレーションにより、ジョブの開始、終了、異常停止などのイベントメッセージをHP Operations Managerコンソールで統合監視を行うことができます。このインテグレーションによる統合コンソールにより、HP NonStopサーバの稼動状況だけでなく、ジョブ処理が「見える化」されるため、運用管理者の監視の手間も軽減されます。

また、JobCenterは、他社ツールよりも経済的な価格でのご提供となりますので、初期費用、ランニングコストも他社製品よりも大幅に抑えることができます。

このように、JobCenterは、HP NonStopサーバ上での基幹業務アプリケーションの標準ジョブ管理ツールとして、お客様の業務スケジュールに最適なシステム運用を強力に支援いたします。

HP JobCenter softwareの資料請求

 HP Software 関連の資料請求はこちら
HP JobCenter software 製品情報に戻る
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡