Discover Performance

 

 


今すぐ登録する

「HP Software Discover Performance」日本語版



モバイルアプリ、あるいは複数のサービスをクラウド上に展開したアプリケーションの開発では、多様なテストが行われるようになってきているだけでなく、複数のチームがかかわりながらテストと開発を繰り返していくことになります。特に市場のニーズに即座に応える必要があるアプリケーションでは、このサイクルを速めていく必要があります。

こうした中で、現実には多くの開発現場で、リリースに関わる準備作業やテスト環境の設定、テスト実行のインフラやミドルウェアの設定などが手動で行われています。

去る5月30日、HPソフトウェアは日本国内でHP Quality Centerの最上位製品、HP ALM11.5 (Application Lifecycle Management)と、リリース加速のための自動化新製品HP CDA1.2(Continuous Delivery Automation)を発表させていただきました

今回リリースおよび新発表の製品により、お客様はアプリケーションの開発、テスト、ステージング、本番といった一連のステップにおける、テスト機器とそれに付随する環境、テスト対象のアプリケーションの配備をより高速に、かつ人手を極力かけずに確実に実施していただけるようになりました。結果として、これまで開発側と運用側でそれぞれ苦労していた「何度も繰り返す準備作業」における設定ミスや失敗を低減。手戻りの元になる要因を取り除き、開発組織と運用組織の間にある敷居を下げるため、特にビジネス要求の早期収益化を求めるような業種において「継続的デリバリ」や「DevOps」のベースを構築できます。

プロセス、ガバナンス、品質、トレーサビリティに「スピード」が加わったALM最新版ついに登場

HP ALMは、これまでにも新たなビジネスニーズに基づくアプリケーションへの要件からテスト、不具合、コード変更、ビルドといった開発までのプロセスにわたる管理とトレーサビリティを提供し、加えて運用、廃棄までのITライフサイクル全体を連携、視野にいれた品質管理製品として世界中でご利用いただいていました。


今回このHP ALMはさらに進化。新機能であるラボ管理(マネジメント)により、テストを行うための「準備」としての「テスト用のツールを動かすための機器の共有スケジュール管理」や「テスト項目の設定」が容易に行えるようになり、それらの共有も可能となります。さらには今まで外部のクラウドを手配したり運用側に依頼したりしていた「テスト実行のためのインフラ準備」の自動化を新発表のHP CDAとの連携で実現できるため、常に最適なインフラを準備して、さらにそのインフラ上へのミドルウェアやテスト対象アプリケーションの配備も自動化。ビルドが終わってテストが可能になると自動的にテストを実行する、といったことが可能になり、これまでのHP ALMの特徴に「スピード」という要素が加えられることになりました。

クラウドリソースの違いを意識せず自動配備。
リリースを加速する専用制御モジュールとも言うべきHP CDA

開発、テスト、ステージング、本番といった各ステージを実施するためのテスト環境へのニーズはそれぞれ特徴的です。インフラは安く気軽に使える外部クラウドからオンプレミスの多重化された本番環境まで最適な環境を用意する必要があります。さらに、そうしたインフラに加えて、それぞれの段階で必要とされるOS、ミドルウェア、連携する外部サービスなどの組み合わせは、それぞれ異なりながら本番の設定に収れんしていきます。HP CDAは、既にHP OOなどの自動化製品で実現していたようなハイブリッドクラウドインフラの自動配備に加え、OS、ミドルウェアと開発中アプリケーションの各バージョン(リリース前、リリース版を含む複数-特にDevOpsでは多数-のバージョンとリリースバージョン)を、簡単に設定・変更できる「モデル」により管理します。この「モデル」を用いて自動化ソフトウェアを駆動することで、自動配備を行い、リリースプロセスを劇的に加速します。

リリースを速くすると、ビジネスも加速できる!

HP ALMとHP CDAによって実現されるリリースの加速は、結果としてビジネス要求の早期実現をもたらすだけでなく、各ステップでのリリースの確実性を高めるため、品質を担保することができます。特にDevOpsでは、継続的デリバリによりその効果が高まります。
これら、ラボ管理とハイブリッドクラウドを活用してテストを加速できる環境を用意しながら、組織間のコラボレーションを高めていくことがDevOps実現のカギと言われています。

そして、この継続的デリバリを促進することを考えたとき、単にリリース・配備部分に着目するだけではなく、テストや要件管理を含むライフサイクル全体としてのプロセス整備、および最適化が重要となります。

(もっと詳しくはこちら)