HP Operations Smart Plug-in for Microsoft Active Directory

for HP Operations Manager for Windows

リリース ノート

ソフトウェア バージョン: 5.30 / 2008 年 5 月

このドキュメントは、HP Operations Smart Plug-in for Microsoft Active Directory の 5.30 リリースでの変更点の概要を説明しています。 マニュアルやオンライン ヘルプに記載されていない重要な情報を含んでいます。

このバージョンの新機能
ドキュメントの更新情報
ソフトウェアとハードウェアの要件
インストールについて
機能強化および不具合修正
既知の問題、制限事項、および回避策
ドキュメントの誤記と訂正
サポートについて
法律上のご注意

このバージョンの新機能

ドキュメントの更新情報

このリリース ノート ドキュメントの初めに以下の識別情報があります。

最新のアップデートのチェックやご使用中のドキュメントが最新版かどうかの確認には、次の Web サイトをご利用ください。
http://h20230.www2.hp.com/selfsolve/documents

注: PDF 形式のファイル (*.pdf) をご覧いただくには Adobe Reader のインストールが必要です。 Adobe Reader をダウンロードするには次の Web サイトにアクセスしてください。
http://www.adobe.com/

インストールについて

インストール要件および Microsoft Active Directory SPI のインストール手順は Adobe Acrobat (.pdf) 形式の『HP Operations Smart Plug-in for Microsoft Active Directory 設定ガイド』に記載しています。 ドキュメントのファイル (ActiveDirectory_Config.pdf) は、DVD の Documentation フォルダにあります。

ADSPI_Discovery_jp ポリシーを配布する前に、WINOSSPI_MSWINSys_AutoDiscovery_jp ポリシー (Windows OS SPI のポリシー) をノードに配布しておく必要があります。 ポリシーの自動配布設定が有効になっている場合、Microsoft Active Directory SPI のインストールやアップグレードを開始する前に WINOSSPI_MSWINSys_AutoDiscovery_jp ポリシーを配布しておく必要があります。

アップグレードについて: SPI のアップグレードに関する情報は、ドキュメントの誤記と訂正の項をご覧ください。

Microsoft Active Directory SPI を旧バージョンからアップグレードした後は、すべてのノードが最新バージョンの SPI によって管理される必要があります。 色んな Active Directory ノードを色んなバージョンの Microsoft Active Directory SPI で管理することはできません。

アンインストール後の作業について:Active Directory SPI のプログラム、ポリシー、およびツールをアンインストール後、 HPOM の「ツール」フォルダ内の「SPI for Active Directory」サブフォルダを手作業で削除する必要があります。 (詳細は『Smart Plug-in for Microsoft Active Directory 設定ガイド』を参照してください。)

ソフトウェアとハードウェアの要件

最新のサポート マトリクスは、次のページでご覧いただけます。
http://h20230.www2.hp.com/sc/support_matrices.jsp このサイトでは HP Passport への登録が必要です。方法については、下記のサポートの項をご覧ください。

Microsoft Active Directory SPI をインストールする前に、ご使用のシステムが以下の最小要件を満たしていることをご確認ください。

機能強化および不具合修正

各機能強化および不具合修正の詳細情報を表示するには、リンクが設定された障害番号をクリックして HP ソフトウェア サポート オンライン Web サイトを参照してください。 リンクをクリックすると、初回のみ、HP パスポートへのサインインを求められます。 パスポートのプロファイルの設定は、次のページで行なえます。

http://www.hp.com/go/hpsoftwaresupport

不具合修正

QXCR1000361440: 2006.1 SPI CD を使用して AD SPI をアップグレードすると OVOW グラフ作成コンポーネントが壊れる。

QXCR1000363588: AD SPI をアップグレード後、サービス検出が機能しない。

QXCR1000365706: OVOW 7.5 でポリシー ADSPI_FSMO_ROLEMVMT が失敗する。

QXCR1000368618: "AD Domain and Forest Trust Changes - Monthly"レポートの動作について

QXCR1000374249: エラー Missing or invalid graph definition XML stream (AD SPI B.03.10 から 04.00 へのアップグレードで)

QXCR1000385637: ADSPI-Trust_Mon が奇妙なアラームを送信する。

既知の問題、制限事項、および回避策

HTTPS 管理ノード上の自動検出

HTTPS エージェントを使用する管理ノードでは自動検出が機能しない場合があります。 その結果、Microsoft Active Directory SPI は管理サーバー上のサービス マップを更新しません。

回避策

ノードのタイプに応じて、以下のポリシーのどれかを再配布します。

SPI for Active Directory > Windows Server 2003/2000 > Auto-Deploy > Discovery> Basic Discovery > ADSPI_Discovery。

または

SPI for Active Directory > Windows Server 2008> Auto-Deploy > Discovery> Basic Discovery > ADSPI_Discovery。

ドキュメントの誤記と訂正

Microsoft Active Directory SPI のアップグレード

以下の項目は、『HP Operations Smart Plug-in for Microsoft Active Directory 設定ガイド』2 章に間違って記述されています。

Microsoft Active Directory SPI のアップグレード

訂正:

Microsoft Active Directory SPI を旧バージョンからアップグレードするには、以下の手順を行ないます。

  1. 管理ノードから Microsoft Active Directory SPI の Discovery ポリシーを削除する。
  2. SPI for Active Directory ポリシー グループ名を (SPI for Active Directory_old などに) 変更する。
  3. すべての管理ノードからデータを収集する。
    このバージョンの Microsoft Active Directory SPI では、管理ノード上のデータストアに記録す るデータの形式が異なっています。HP Reporter もこれを使用します。 管理対象の Active Directory ノードすべてから、すべての古いデータ ソースを収集しておく必要があります。 このためには、以下のステップを実行します。
    1. HP Reporter サーバーに .NET Framework のバージョン 2.x 以上がインストールされていることを確認し、HP Operations Smart Plug-in DVD を HP Reporter サーバーのドライブに挿入します。
    2. コマンドプロンプトを開き、次のロケーションまで移動します。
      <DVD-Drive>¥SPIs¥AD SPI
    3. すべての Active Directory 管理ノードが HP Reporter に検出されることを確認し、次のコマンドを実行します。
      ADSPI_run_gatherCODA.exe <reporter_system_dsn> <reporter_db_username> <reporter_db_password>
      ここで、<reporter_system_dsn> は HP Reporter データベースのシステム DSN、<reporter_db_username><reporter_db_password> は HP Reporter データベースにアクセスするためのユーザー名とパスワードです。
    4. %OvDataDir%¥trace.gather ファイルをチェックしてエラーがないか調べます。
  4. SPI for Active Directory をインストールする。
  5. Microsoft Active Directory SPI ポリシーを変更するかどうかを決め、それに従ってインストールされたポリシーをカスタマイズする。
  6. 更新したインストルメンテーションを配布する。
    ADSPI_Com および ADSPI_Disc インストルメンテーション グループをノードに配布する必要があります。
  7. HP Reporter テーブルを更新する。
    Microsoft Active Directory SPI を管理サーバーにインストールした後、HP Reporter サーバー上で実行し、HP Reporter テーブルを変更したデータを使って更新します。
    %OvInstallDir%¥install¥ADSPI-Reports¥newconfig¥packages¥ADSPI-Reporter-PostInstall.exe <reporter_system_dsn> <reporter_db_username> <reporter_db_password>
    ここで、<reporter_system_dsn> は HP Reporter データベースのシステム DSN、<reporter_db_username><reporter_db_password> は HP Reporter データベースにアク セスするためのユーザー名とパスワードです。 コマンドの実行が成功すると、以下のメッセージが表示されます。
    CopyDataFromOldColToNewCol() completed successfully !!
    DeleteOldCols() completed successfully !!
  8. ノードからデータソースを削除する。
    このバージョンの Microsoft Active Directory SPI では、管理ノード上のデータストアに記録す るデータの形式が異なっているため、[古い ADSPI クラスの削除] ツールを管理ノードで実行して古くなったデータ ソースを削除する必要があります。 このツールで古いデータソースを削除するには、以 下のステップを実行します。
    1. すべての Active Directory ノードに、SPI Data Collector および ADSPI_Com インストルメンテーション グループを配布します。
    2. すべての Active Directory ノード上で [古い ADSPI クラスの削除] ツールを起動します。

ADSPI-Rep_SysVol_jp ポリシー

ADSPI-Rep_SysVol_jp ポリシーは、Microsoft Active Directory SPI から削除されましたが、『HP Operations Smart Plug-in for Microsoft Active Directory 設定ガイド』には存在するかのように間違って記載されています。

サポートについて

次の HP Software サポート Web サイト(ソフトウェア サポート オンライン)をご利用いただけます。
http://www.hp.com/go/hpsoftwaresupport

HP が提供する製品、サービス、サポートに関する詳細情報をご覧いただけます。

HP ソフトウェア サポート オンラインではセルフソルブ機能を提供しています。 お客様の業務の管理に必要な対話型の技術支援ツールに素早く効率的にアクセスいただけます。
サイトのサポート範囲は次のとおりです。

注: 一部のコンテンツでは HP Passport への登録やサービス契約 ID が必要となります。 アクセス レベルに関する詳細は、次のページをご参照ください。
http://www.hp.com/managementsoftware/access_level

HP Passport ID は次の URL からご登録いただけます。
http://www.managementsoftware.hp.com/passport-registration.html

法律上のご注意

©Copyright 2008 Hewlett-Packard Development Company, L.P.

Confidential computer software. Valid license from HP required for possession, use or copying. Consistent with FAR 12.211 and 12.212, Commercial Computer Software, Computer Software Documentation, and Technical Data for Commercial Items are licensed to the U.S. Government under vendor's standard commercial license.

HP 製品およびサービスに関する保証条件は製品およびサービスに付属する保証書に明示された保証条件のみによるものとし、 本ドキュメントの記載内容はいかなる追加保証をも行なうものではありません。 HP は本ドキュメントの記載内容に技術上の誤り、欠落または本ドキュメント作成にあたっての誤り、記載漏れがあった場合でも何ら責任を負わないものとします。

本ドキュメントに記載した情報は予告無く変更することがあります。