QuickTest Professional
Oracle® アドイン 8.2
最初にお読みください

このファイルには,QuickTest Professional Oracle アドインに関する次の情報が含まれています。

概要

QuickTest Professional Oracle アドインは,ユーザ定義のテスト・オブジェクトやメソッド,プロパティを使用し,Oracle アプリケーション上のテストやコンポーネントを記録,実行できます。

QuickTest Professional Oracle アドインは,ボタン,フォーム,ナビゲータ,リストおよびツリー・オブジェクトなどの特定の Oracle オブジェクトを認識し記録します。テストやコンポーネントは読みやすく,また保守,強化,パラメータ化しやすいので,ユーザの熟練度を問わず Oracle を使って開発されたアプリケーションに高度なテストやコンポーネントを作成できます。

QuickTest Professional Oracle アドインの詳細は,『QuickTest Professional Oracle アドイン・ガイド』を参照してください。Oracle テスト・オブジェクトおよびメソッドの詳細と構文については,『QuickTest Professional オブジェクト・モデル・リファレンス』の Oracle セクションを参照してください。

カスタマー・サポート

QuickTest Professional および QuickTest Professional Oracle アドインのテクニカル・サポートは,信頼のある当社のカスタマー・サポート Web サイト (U.S. サイト) にて提供しています。このサイトでは,よく寄せられる質問 (FAQ) を参考にしたり,サポート要求を送信しステータスを確認したり,オンライン文書やパッチその他のダウンロードにアクセスできます。以下のカスタマー・サポート Web サイト (U.S. サイト) にアクセスしてください:

http://support.mercury.com

世界中のカスタマー・サポートのお問い合わせ先は以下に掲載されています:

http://support.mercury.com/cgi-bin/portal/CSO/contacts.jsp

動作環境

QuickTest Professional Oracle アドインは,以下の最小システム要件を満たすコンピュータ上の QuickTest Professional バージョン 8.2 で作動します。

必須製品:
QuickTest Professional バージョン 8.2 (Web アドインを含む)
ハード・ディスクの空き容量:
QuickTest Professional のインストールに必要なディスク領域に加え,Oracle アドインをインストールするディスクに 85 MB のハード・ディスクの空き容量が必要です (選択する機能による)。
    
さらに,Windows のインストールされているディスク (システム・ディスク) は Oracle アドインのインストール中に 128 MB のハード・ディスクの空き容量が必要です。インストールの完了後,85 MB のディスク領域が開放されます(つまり 43 MB のシステム・ディスクが QuickTest Professional の使用に残ります)。

サポート対象環境

QuickTest Professional Oracle アドインは,以下のツールキットでのテストの記録,実行をサポートします。

同様に,以下の環境でのテストの記録,実行もサポートします。

Oracle アドインの新機能

Oracle アプリケーションの使い方

Oracle アプリケーション・サーバは,多くのアプリケーション・オブジェクトに対して一意の名前属性を提供します。QuickTest はこの属性を使ってオブジェクトを識別することができます。これによりテスト・オブジェクトの詳細の信頼性が向上し,テストを記録,実行する時間によって変化することのある序数識別子を知る必要がなくなります。

テスト・オブジェクトの詳細における名前属性の使用についての詳細は,『QuickTest Professional Oracle アドイン・ガイド』を参照してください。

既知の問題点と制限事項

インストールに関する問題

メモ: JInitiator 1.1.x 以外の新しい Oracle 環境をインストールした場合は,QuickTest Professional Oracle アドインを再インストールまたは設定する必要はありません。

解決策: Java アドイン 8.2 をインストールします。

解決策: Oracle アドインをインストールする際には Microsoft リモート・デスクトップ接続の使用を避けます。

一般的な問題

解決策: 引数値として文字列でなく数値インデックスを使用します。

解決策: 一時的なオブジェクトのチェックポイントが必要な場合,チェックポイントの実行前にオブジェクトが表示されていることを確認してください。例えば,コンボ・ボックス・リストの場合,チェックポイントの実行前にコンボ・ボックス・ボタンをクリックするステートメントを挿入してください。

解決策: 別のタブ内にあるタブの中のオブジェクトで再生ステップを行う前に,当該のタブに OracleTabbedRegion.Select メソッドを追加します。

解決策: 次のパッチをインストールします: QTP82P1214 - Windows XP サービス・パック 2 で作業する際に QTP 8.2 で起こる問題を解決します。

解決策: LR - QTP Oracle アドイン統合 8.2 パッチをインストールします。パッチをインストールするには,QuickTest Professional Oracle Add-in CD-ROM の LRPatch フォルダにある change_qtp_to_mdrv.exe ファイルをダブルクリックしてください。画面上の指示に従ってパッチをインストールします。

        

        

© 本マニュアル,付属するソフトウェアおよびその他の文書の著作権は,米国著作権法,および各国の著作権法によって保護されており,付属する使用許諾契約書に基づきその範囲内でのみ使用されるものとします。Mercury Interactive Corporation のソフトウェア,その他の製品およびサービスの機能は次の 1 つまたはそれ以上の特許に記述があります。米国特許番号 5,701,139; 5,657,438; 5,511,185; 5,870,559; 5,958,008; 5,974,572; 6,138,157; 6,144,962; 6,205,122; 6,237,006; 6,341,310; 6,360,332, 6,449,739; 6,470,383; 6,477,483; 6,549,944; 6,560,564; および 6,564,342.6,564,342; 6,587,969; 6,631,408; 6,631,411; 6,633,912 および 6,694,288。その他の特許は米国およびその他の国で申請中です。すべての権利は弊社に帰属します。

Mercury,Mercury Interactive,Mercury Interactive のロゴ,LoadRunner,LoadRunner TestCenter,QuickTest Professional,SiteScope,SiteSeer,TestDirector,Topaz および WinRunner は,米国およびその他の国の Mercury Interactive Corporation およびその子会社の商標または登録商標です。上記の一覧に含まれていない商標についても,Mercury Interactive が当該商標の知的所有権を放棄するものではありません。

その他の企業名,ブランド名,製品名の商標および登録商標は,各所有者に帰属します。Mercury Interactive Corporationは,どの商標がどの企業または組織の所有に属するかを明記する責任を負いません。

Mercury Interactive Corporation
379 North Whisman Road
Mountain View, CA 94043
Tel: (650) 603-5200
Toll Free: (800) TEST-911
Customer Support: (877) TEST-HLP
Fax: (650) 603-5300

QTPORACRM8.2JP/01


Copyright 2005 Mercury Interactive Corporation

本書に関するご意見やご要望は documentation@mercury.com まで電子メールにてお送りください。